アスミールの効果を得るために!知っておきたい大事なこと

アスミールの栄養成分をしっかり吸収し効果を得るためには、必要なコトがあります。

 

rapture_20160523155637

小学生~中学生くらいだと、だいたいは規則正しい生活をしているはず。

しかし中にはあまり良くない例も存在しています。

 

不規則な生活は

朝は学校へ行くので起きる時間は問題はないと思います。

注意したい不規則というのは、夜寝る時間。

あくまで私の普通ですが、お子さんは夜22時以降は寝る時間だと思っています。

遅くても23時には寝る。

 

これが夜24時以降に寝ているとなると、ハッキリ言って不規則。

その分睡眠時間も削られます。

 

睡眠時間というのは、成長期のお子さんにとっては大事な時間。

(実際は大人も大事な時間ですが・・・)

 

「睡眠時に成長ホルモンが活発に分泌」するのですが、睡眠不足になると分泌量は減ります。

こうした不規則な生活を送っていると、アスミールを飲んだとしても効果は薄い。

 

しっかりと効果を得るためには、もし不規則な生活を送っているなら改善する必要がある。

 

rapture_20160523160753

ここは親御さんが調整してあげると良いです。

 

しかし高校生以降になると、小学生~中学生の頃よりは更に不規則になる可能性が。

(学校が終わってからバイトや、遊ぶ時間も増えますしね)

 

そのため、やはり睡眠時間を削るというのは避けた方がいいですね。

※個人差はありますが、高校生でも成長期は続くお子さんもいます。

 

私は高校生まで身長が伸び続けていました。

伸びた期間は小学生~高校3年辺りまでです。

なので中学生で成長期が終わり!とも断言出来ません。

 

想像以上に重要

「睡眠時に成長ホルモンの分泌が活発になる」

rapture_20160523160823

成長ホルモンとはアミノ酸で構成される物質です。

この成長ホルモンの働きは、組織の成長をうながす。

これは身体の成長ということです。

 

成長期であれば、骨の成長と一緒に身長を伸ばしていくということ。

夜寝る時間が、だいたい22時以降が良いとされる理由について説明します。

 

人間は誰しもが体内時計というものを持っています。

これは1日の生活リズムを刻むもの。

 

大人も子供も皆が持っているものですね。

22時就寝~朝6時に起床というのが理想的

 

このリズムを乱してしまうと、成長ホルモンの分泌の調整に少しづつ狂いが生じてきます。

こうなると結果として、成長ホルモンが正常に分泌されないといった事態になってしまう。

お子さんなら、身長が伸びづらいということにも繋がる。

 

このような状態でアスミールを飲んだとしても、しっかりと効果を得られないのです。

これはアスミールが悪いわけではなく生活習慣に問題があるので、他のサプリにしたところで同じ。

 

規則正しい生活なら

不規則な生活(睡眠時間が足りていない)場合はアスミールの効果が低い。

しかし規則正しい生活であれば、アスミールの効果は十分期待できる。

 

簡単に言うとこういうことです。

特に難しいことをしてもらおうというワケではないです。

ちゃんと睡眠時間をとる。(夜22時くらいから)

 

規則正しい生活を送ってアスミールを飲用。

これで得られるものは何も身長だけではありません。

 

お子さんの健康も得られ、ちゃんと維持していけるということ。

毎日お子さんの元気な姿を見るために、こうしたところにも気を配っていくことが大事